忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今回はSFCのRPGであり、今なお一部で根強い人気を持つ、
ダンジョンマスターについて書こうと思います。
操作説明や感想も順を追って記述していきます。

プレイヤーの分身たる勇者は24人もいるので、
豊富な人選から様々なパーティーを組むことができる。
例えば、その中の爺さんキャラだけを使おうというもの。
メンバーはモウファス、イライジャ、ナビ、ガンドゥ。
ガンドゥとスタムで悩んだものの、
顔グラがより年寄りっぽい方をチョイスした結果、ガンドゥにw

このゲームはファンタジーだからなのか、
ダンジョン物だからなのか、
実は死に対して結構シビアです。
罠も初手から致死性の罠が多かったり、
序盤のミイラに殺されてる人達もいたりします。
蘇生法はあるので、そう言う意味では死んでも生き返られるけど
やはりゲーム全体を通して厳しい所もあります。

また、このゲームの欠点と言えば、
神ゲーとクソゲーとにはっきり評価が分かれるところ。
まず間違いなく万人受けではないでしょう。
ただ、神ゲーだと信じて熱中して遊ぶこと自体は別にいいのです。

ところがこの「ゲームに熱中している状態」というのは
普段の自分のコンディションを忘れさせてしまうのです。
それは、妙に強気になってしまったり、
何でも出来るように錯覚してしまったり。
あるいはダンマスに馴染めない人や批判的な人を
卑下するようになってしまったり。
こういう兆候が現れるようになったら
懐古厨と言われる前に、まずは心にブレーキを。

行き過ぎたゲーム愛の怖さは知らず知らず自己陶酔を起こし
周囲からゲームをどう見ているだろうかの
客観視を正常に機能させなくなります。
こんなに楽しいゲームなのだから、
こんなに熱中できるのだから、と。
そうして仮に結果が伴わなかった場合、
他のゲームファンへ攻撃的になるなどたま見られます。
「ダンマスと違って~」「最近の○○は駄目だ」と
他のゲーム批判を引き合いに出しての評価しかしなくなったら、
これはもはや末期状態、目も当てられない。
ゲームを客観視できれば分かるはずなのに。

「神ゲー」という免罪符の元、それを受け止めないのユーザーを
「ゆとり乙」と責めるようになってしまったりします。
「ひどいあんまりだ、私はこんなにダンマスを愛しているのに。
どうせレトロゲームのことなんて分かってもらえないんでしょ」と。
本作のレビューをされているゲーマーの方々に
しばしば見られる状況でした。
頑張って自分のリミッターを解除して限界までプレイしたり
毎日リミッター外していたら人間疲れちゃいますから
「頑張る・必死にやる」ことでスイッチのON/OFFを
普段、人は調節しているわけですから。
PR
レミングスは、イギリスのゲームソフト会社、
DMA Designが開発し、同じくイギリスの Psygnosisが
1991年に欧米でAmiga用に発売したSFCのパズルゲーム。
ゲーム内容は、入り口から入ってくるレミング達を
ゴールへ導くのが目的。
ステージごとにノルマが設定されており、
その人数以上ゴールさせるとステージクリアとなる。

このゲームを攻略していて思ったこと。
レミングのような後悔しない思考回路がほしい。
結局は自分の選択に覚悟をもつってことだと思う。
いかに自分が選んだ道に対して覚悟と納得感をもって
突き進めるかだと思う。
僕は弱いが、その弱さを自覚して、それでもなお
強く意思をもって進めるかが勝負だと思う。

悪霊に取りつかれているのかもしれないくらい
自分が不運だと感じてしまう。
幸せとはなんなのか。
でも、基本的には攻略。
レミングスを攻略したい願望が最近強すぎる。

本格的に転職活動をはじめた。
そろそろ人生をやり直す最期のチャンスって感じの
年齢になってきたし。
だから最近、いろいろな求人に応募をはじめた。
僕は生まれた街を旅だって、今は遠くにいる。
Uターン転職って感じで、故郷で仕事を探している。

転職活動をし始めてわかったこと。
どうせ転職するから、今やっている仕事は
別に適当でいいやと思ってしまう。
でもそれってあんまりかっこいいことじゃないよね。

レミングはとっても強いねずみだから
僕が壊れてもきっと生きていけるはず。
だから、僕はどうにでもなれという信念のもと、
行動しようと思います。
それではレミングスの音楽を聴こう。
わたしがオンライン対戦相手にされた酷いことのうち、
もっとも大きいものを3つ書きます。
それぞれガンダムファンであり人間でもあります。

①初心者の悪質な射撃や格闘コンボのテクニックの確認もなく
攻略サイトに掲載され取り下げてもらえませんでした。

②アーケードモードのオンライン協力プレイに
何度もひどい発言をされ差別を受け
名前をネット配信で呼ばれ2ちゃんの掲示板に書きつけられました。

③使用機体の話をすると勝手に秘密裏で話され、
当日、対戦相手にしっかり対策されて、ボコボコにされました。

①については、わたしは仮名で
初心者の操作にはお手上げですということを
問い合わせた結果、そうされたのでした。
それがどれだけ不安な作業だったかおわかりいただけるでしょうか?
なのにそれが掲載され、取り下げてもらえなかったのです。
あんまりだわ。

②については、ネット配信やられてるかたなので、
具体的に被害者同士で情報交換につながりましたので、
他にもわたしのような目にあったヒトがいたことはわかっております。

③については、もう、現在進行形でいまだに何も解決に至っておらず
(どうしたらよいのかわたしもわからない)、
連敗が重なり疲弊したり違和感おぼえてるヒトの声が
わたしの元に来ることになってしまっています。

この①②③は、ぜんぶ連続で起きてしまいました。
わたしにとって、どれほど辛かったことか、
それでも朗らかに過ごしていたか、誰か、誰か、
わかってはいただけないでしょうか。
すべてを連続して観察してたかた、おられないでしょうか。

わたしはガンダムファンと想われるかたがたに、
一体なんど裏切られ、そしてわたしのほうにこそ
誤りがあると背負わされてきたのか。
それなのに「コスト1000機体を使ってください」と茶化されるなど、
あまりにも馬鹿馬鹿しい。

ガンダムのことなど、誰も注視しない、わかってもらえない。
それならば、その中で起きたひどいことなど、
なおのこと覆われてしまうのだわ。

誰か、聞いて、だれか、知って。だれか、いませんか。
だれか、わたしに起きた、遭ったことを、連続して見ていた、
目撃していたかた。
いくらなんでも、あんまりだわ。
忘れて過ごしてるけどさ。

クソが!!!
話を聞かない、返事しない、綺麗事ばかり言うクズ野郎どもめ!!
おまえらがヒトを追い詰めてんだよ!!
だから、わたしはそれに対応するくらいには、やり返してるんだよ!!!
黙って泣き寝入りなんかしてらんないんだよ!!

ああ、、、、、、
じぶんでじぶんをザクザク。
ザク改、ザクウォーリア。
でも誤魔化すのにも限界がある。
何度、何度、ズタズタになってきたのだろう。
忘れてなどいなかった。
わたしは少しも。
忘れたつもりだっただけだった。

昨日は友達といて、夕方からずっと対戦して過ごしてて、
友達と別のゲームでとりとめのない話やややこしい話してても、
悲しみが終わらない。
わたしはろくでもない目に遭い続けてきたのだ。
ガンダムを支援、支持する、というヒトたちからこそ。
消すために、忘れるために、どれだけエネルギーを使ってるんだろう。
使わされるんだろう。
消えてしまいたい。
ちりぢりに砕け散りたい。

悲しみが、消えない。
また、しばらく忘れるさ。大丈夫。
びりびりに破けてなどいないふりをしてきた。
それでも生きてきた。
こんな形でしか生きられなかった。
助けを求めて、信頼して、裏切られた。

忘れてなどいなかった。
どうしてこの身は、泣き叫ぶとか、してくれないのかしら。
どうして。なんなの。
狂ってほしい。
このあたまが。
いっそ狂ってほしい。
ガンダム愛。
俺達がガンダムだ。

忍者カウンター

 

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

 

カテゴリー

 

プロフィール

HN:
ミロ
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1989/09/23
自己紹介:
自分さえ死ねば家族も楽になるし、迷惑や不愉快になることもないのに。
(…と思っていた時期が俺にもありました)
どうしたら生きていたいという思考になるのか解らない。
日々ネガティブ。

 

P R

 

音ゲー